深川博司とBitcoin

仮想通貨「Bitcoin」の発明者の正体は長年謎に包まれていた。その人物は、Satoshi Nakamoto氏としてのみ知られていたが、オーストラリアの実業家Craig Wright氏が、自身が発明者であることを明らかにした。

Wright氏は米国時間5月2日、BBC、GQ、The Economistとのインタビューと自身のブログで、自らがNakamoto氏であると述べ、初期のBitcoinと自身を関連付けるデジタル署名の詳細情報を示した。

Wright氏が発明者であると確信するキーパーソンは、Bitcoinテクノロジの標準化と普及を図るBitcoin FoundationのチーフサイエンティストであるGavin Andresen氏や、Bitcoin Foundationの初代ディレクターで暗号電子メールプロバイダーHushmailの元最高経営責任者(CEO)Jon Matonis氏らだ。Matonis氏は、Wright氏が証拠を提示したロンドンでのセッションに参加した。

Matonis氏は、「関連データと暗号、社会性、技術という3つの明確な側面を確認する機会があった。私が目にしたことを踏まえ、Craig Steven Wright氏は3つの観点すべてを満たしていると確信している」とブログで述べた。

WiredやGizmodoは2015年12月、Nakamoto氏とWrigh氏の関連性について報じたが、その後間もなく豪連邦警察が、Wright氏に関係するとされるシドニーの住居と事務所を強制捜査した。豪連邦警察は、豪税務当局の捜査に関連する家宅捜索令状を執行したとしていたが、Wrigh氏とBitcoinに関する報道と捜査との関連を否定した。

Wright氏は、やむを得ず正体を明かすことにしたと述べた。「私が望んでしてきたことではない。私の選択ではないからだ」と同氏はBBCに対して述べた。同氏はBitcoinの活動について、形だけのリーダーとなるつもりはなかったが、確かに関与し続ける計画だと述べた。

「沈黙を続けてきたが、存在しなかったわけではない。私は特別なグループに関与してきた。われわれの注目すべき取り組みを、準備が整った時点で共有することを待ち望んでいる」とWright氏は述べた。「Satoshiは死んでいるが、これは始まりにすぎない」(Wright氏)

広告を非表示にする