読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深川博司とメルセデスベンツ新型

メルセデス・ベンツ日本は、「SLC」を発表し、6月2日より発売する。価格(消費税込)は、SLC 180が530万円、SLC 180 Sportsが590万円、SLC 200 Sportsが685万円、メルセデスAMG SLC 43が970万円となる。

「SLC」は、1996年に世界初の電動開閉式ハードトップ「バリオルーフ」を備えた全天候型オープンカー「SLK」として登場。第3世代モデルのSLKは、2011年から2014年まで継続して日本国内のオープンカー販売台数ナンバー1となり、全世界累計販売台数は約67万台を達成した。

1996年のデビューから20周年となる今回の新型モデル導入により、メルセデスロードスターを表す「SL」と車格を表す「C」を組み合わせ、「SLC」とした。